BAGUS*WEDDING   〜 バリ島ウェディングの質問・アドバイス集 〜

バリ島で結婚式フォトウェディング挙式プロデュースの「Bali Bagus Weddingバリ・バグース・ウェディング)」で!
ご希望のプランとご予算に合った費用お見積もり、格安プランや割引き情報など満載で、思い出深い素敵なバリ島のひと時をお手伝いします。

海外挙式のよくある質問・アドバイス集お知らせ



バリ島ハネムーンや新婚旅行のご計画アドバイスが満載。挙式費用をバリ島物価の格安でアレンジする方法や、挙式・撮影のスケジュール、ご滞在ホテルからのアクセスのよい効率的な観光ルートのご提案、バグースならではのサポートでお二人の楽しいバリ島旅行をカスタマイズいたします。

I N D E X  

> 予約や準備について   >ビューティー関連  >参列者やゲスト  >挙式のこと   >パーティー

いつ頃、挙式の予約をすればいいですか?

式場の空きがあれば、直前でもご準備可能です。人気の会場は特にハイシーズンは要注意です。ただ、結婚式という大切な儀式の準備を整えたり、挙式内容の確認、オプショナルのご希望などについて打ち合わせを進めるためにはお時間のゆとりがあると安心です。式場の空きに関わらず、1ヶ月前以上のご予約をおすすめします。

                               ▲ページトップに戻る
他のパッケージツアーの旅行で、挙式のみBAGUS*WEDDINGを利用することはできますか?

もちろん可能です。バリ・バグースでもホテル予約など旅行の手配を承っていますが、他社の激安ツアーパッケージやキャンペーン料金で予約したほうが安い場合がありますよね。挙式のみのご予約も大歓迎ですのでご安心ください。


                               ▲ページトップに戻る
挙式の内容などの打ち合わせは、いつ頃から始めますか?

挙式の正式予約をいただきましたら、早速、挙式の内容について,こちらからご相談&ご提案させていただきます。オプショナル等の最終確認は2週間前までにお返事をいただくようお願いしております。時間がある場合は、ゆっくりとご検討されてお返事くださいませ。
また、バリ島到着後に、事前打ち合わせやリハーサルを行います。挙式までに、ご不明な点は納得がいくまでご質問ください。

                               ▲ページトップに戻る
入籍をしていなくても、バリ島挙式を行うことできますか?

入籍していても、入籍をしていなくても、挙式を行うことができます。特に、入籍に関する必要な書類提出などはございません。ですから逆に、結婚して何年にもなるけど挙式をしていないので○周年を記念してバリ挙式・・・といったご利用もいただけます。ただ、リーガル挙式をご希望の場合は「未入籍」が条件になりますのでご注意ください。

                               ▲ページトップに戻る
バリ島のメイクは「濃い」イメージ。失敗しませんか?

最近のバリ島西洋式挙式のメイクは「ナチュラル」が主流ですのでご安心ください。雑誌の切り抜きなどを持参すると、希望のイメージが伝わりやすいです。白いウェディングドレスの場合、普段よりもちょっと濃い色目を使うほうが写真コンディションが良いようです。(ドレスの白の光反射でメイクの色が薄れてしまうため。) 一方、宮殿ウェディングやオプショナルでバリ伝統婚礼衣装をお召しの場合は「踊り子さん」のようなメイクが合います。
また、当日ヘアメイクが不安な場合は、リハーサルメイクも承っていますのでご利用ください。

                               ▲ページトップに戻る
西洋式の挙式セットに含まれているブーケやヘッドドレスは?

お召しになるドレスや新婦さまご自身の好み等、事前にご相談いただきご用意いたします。通常はブーケと同じ花材のヘッドドレスをヘアメイクがアレンジいたします。ティアラやクラウンをお使いの場合は、バランスをみて花ヘッドドレスを付けない場合もございます。
サンプルのページをご参考いただき、お気軽にヘアメイクやブーケのご要望をお伝えください。
花冠のオーダーも承っております。プルメリアの花冠はビーチフォトにぴったりです。

                               ▲ページトップに戻る
バリ民族衣装を着てみたいのですが、サイズはありますか?下着はどんなものですか?

民族衣装(婚礼衣装)は男女ともフリーサイズです。特に専用下着などは不要ですが、ブラジャーは紐なしタイプが便利です。紐付きブラジャーでも、紐を見えないように着付けすることもできます。
靴は、運動靴(スニーカー)以外でしたら何でもマッチします。ビーチサンダルでもOKです。
キリスト教会挙式でも、バリ民族衣装をお召しいただけます。バリらしい挙式の思い出になりますから、純白ドレスにこだわらない方に是非おすすめします。

                               ▲ページトップに戻る
日本からドレス持込できますか?

ドレス持込可能です。持ち込み料なども必要ございません。
持参ドレスのシワが気になる場合は、プレスサービスも承っています。

                               ▲ページトップに戻る
現地でドレスレンタル希望ですが、何か持参するものはありますか?

パニエ、ベールや手袋はドレスレンタル料金に含まれております。アクセサリなどの小物はレンタルにてご用意しております。
ドレス専用下着については、付けていただくと確かにボディラインが美しく整います。しかし、必ず着用いただくわけではございません。ドレスのデザインやご自身の体調等にあわせて各自ご用意ください。

                               ▲ページトップに戻る
太ってしまったのですがも、現地でレンタルできるドレスは見つかりますか?

ボディサイズにもよりますが、かなり大きなサイズのドレスもご用意できます。サロンのドレスはほとんどのデザインが「お直し」が可能ですから、試着時にサイズを測り、気に入ったドレスをフィッティングして挙式当日お召しいただくようにしています。
また、マタニティの新婦様にもお召しいただけるデザインのドレスも多数ございます。

                               ▲ページトップに戻る
参列者の服装は、どんなものが相応しいですか?

南国の挙式ですから、軽装でも十分です。教会やチャペルの場合は、ビーチ系の服装は避けたほうが無難です。女性なら涼しげなワンピース、男性は襟付き半そでシャツ&ズボンでOKです。アロハも素敵ですよ。もちろん、フォーマルなドレスやモーニングを着用されると豪華な挙式を演出できます。新郎新婦から、希望の挙式の雰囲気を参列者に伝えておくと親切ですね。
宮殿挙式も、服装は自由です。夕方の挙式の場合、「蚊さされ」対策として、長いスカートやズボンが便利です。ヒンズーの宮殿挙式を盛り上げる、バリ民族衣装レンタルもご利用いただけます。日本人でも、とてもお似合いになります。着付けも簡単ですので、是非おすすめです。

                               ▲ページトップに戻る
参列者のレンタル衣装で、バリ民族衣装(正装)を希望しますが、注意することはありますか?

女性は、クバヤ(レース地のブラウス)と腰巻を着用します。クバヤは、下着が透けて見えるので、抵抗がある人は「ビスティエ」「見えてもよいブラ」や「無地のタンクトップ」を下に付けていただくことをおすすめします。
男性は、サファリジャケットまたはシャツと腰巻を着用します。腰巻は巻きスカートのようなものですから、初めての方は足元が落ち着かないかもしれません。その場合は、腰巻の下に短パンなどを着用するとよいようです。でも、バリ島挙式ならではの経験ですから、普段着慣れない民族衣装も楽しみながら着ていただければと思います。男女とも、靴は運動靴(スニーカー)以外だと、何でもマッチします。

記念に「マイ・クバヤ」をオーダーメイドすることも可能です。ご滞在中の挙式日までに仕上がるか確認するため、お早目にご計画をお知らせください。
                               ▲ページトップに戻る
参列者は「海外旅行が初めて」。新郎新婦と別行動の時に、心配です。

挙式打ち合わせや当日のメイク&着付けの時間は、どうしてもゲストと別行動になってしまいます。不安な場合は、観光や車チャーターをご利用いただき、日本語案内係りをつけておくことをおすすめします。当方のガイドと挙式スタッフ&新郎新婦さまの連絡も都度可能ですし、打ち合わせの時間に応じて観光スケジュールも臨機応変に対応できます。また、旅行全日程を通じて、各自が携帯電話レンタルをご利用されると待ち合わせや予定相談などで非常に便利です。
どうしても不安な方は、ご希望により打ち合わせに同行いただくこともできますから、事前にご相談ください。


                               ▲ページトップに戻る
お互いの親族が顔を合わせるのは、バリ島旅行が初めてです。

お互いの実家が離れている場合などは、挙式旅行で初顔合わせとなる場合が少なくないようですね。まず、バリ島到着後に食事会をセッティングして紹介しておくと、お互いリラックスできるようです。挙式の他、バリ島のアクティビティで親睦を深められるもの、両家の共通の趣味などを事前に調べて、共に活動できる時間を設定してあげてください。


                               ▲ページトップに戻る
参列者に「引き出物」は必要でしょうか?

特にきまりはありませんが、プチギフト程度を用意しておくとベター。帰国する際の荷物重量の問題もあるので、あまり大きなものや重たいものは迷惑となる場合があります。挙式の記念品となるバリ島らしい雑貨など当方でもご提案させていただきますので、ご予算やご希望などをご相談ください。

                               ▲ページトップに戻る
 
西洋式ウェディングの「誓いの言葉」や牧師の言葉・・・英語は苦手なのですが。

牧師の祈祷は英語またはインドネシア語で行いますが、新郎新婦の誓いの言葉や賛美歌などは、ご希望により日本語でもOKです。日本語での誓いの言葉も、いくら練習しても当日は緊張して忘れてしまうものです。ペーパーを手に持って言っていただいても大丈夫です。
英語・日本語,それぞれの「誓いの言葉」スタンダードな台詞を当方でご用意し、事前にお知らせしますが、ご自身のオリジナルな言葉を使っていただいても結構です。長い「恋文」のような台詞を手紙にしたため読んでからお互いに贈るカップルもいらっしゃいます。自由にアレンジ可能ですので、まずはご相談ください。


                               ▲ページトップに戻る
雨季のバリ島挙式。雨が降ったら、どうなりますか?

雨の状況により、臨機応変に対応しています。屋内(教会など)は移動時に傘を使用して時刻どおりに開始となりますが、屋外(宮殿やホテルガーデンなど)は小雨になるのを待つ場合、テントなど設置する場合・・・天気次第です。
雨だと、移動の際に衣装が気になるなど不便なこともありますが、バリ島はとても「雨」が絵になる島です。雨がロマンチックな雰囲気を演出してくれますから、雨でも晴れでも、それぞれの記念日を満喫してください。


                               ▲ページトップに戻る
屋外でのガーデン挙式に憧れますが、暑くはないですか?

メイクや着付けにかかる時間を計算すると、午前の挙式は10時開始が限度です。それ以降は暑くて疲れてしまいます。おすすめは夕方の挙式開始。時間にゆとりをもってメイクもでき、涼しく、日光の日差しも明るいので写真にも影響しません。どちらにしましても、ロケーションにより当方よりおすすめの開始時刻を提案させていただきます。


                               ▲ページトップに戻る
式場で、参列者は写真撮影しても大丈夫ですか?

式場の特別な規制がなければ、参列者による写真撮影は自由です。ただ、挙式中に参列の方々がカメラ操作に忙しく、あちこち体を傾ける様はせっかくの神聖なムードの妨げとなりますので、儀式が始まりましたら撮影をお控えいただくようにお願いいたします。


                               ▲ページトップに戻る
挙式の現地スタッフに、チップをどのくらい渡せばいいですか?

挙式スタッフや牧師・僧侶への謝礼などは、挙式セット料金に含まれていますから、チップは不要です。お二人の幸せそうな笑顔が挙式スタッフにとって最高の喜びです。


                               ▲ページトップに戻る
宮殿ヒンズー挙式のお祈りや作法、知らないことばかりですが大丈夫ですか?

事前打ち合わせの際、お祈りの方法も含めて宮殿挙式の儀式についてご説明いたします。説明をお聞きいただいても、初体験で覚えられないし不安だと思いますが、当日の挙式中ずっと新郎新婦の傍で介添え人(挙式スタッフ)が日本語で「次は○○のお祈りをします。手を合わせてください」などと、動きについてお伝えしながら進めますのでご安心ください。
ちょっと「ぎこちない」な感じも、バリ宮殿挙式の楽しさのひとつです。


                               ▲ページトップに戻る
宮殿ヒンズー挙式で、僧侶から聖水をいただくそうですが、飲んでも大丈夫?

僧侶が重ねた手のひらに聖水を注いでくれます。本来は、この聖水を「ズズっ」と3回飲みますが、日本人は現地の水に慣れていませんから、気なる人は「口をつけて飲むポーズだけ」で十分です。たとえ飲んでしまってもほんの少量ですから、お腹をこわすこともないと思われます。
また、飲んだふりをした手のひらの聖水は、衣装の上で溢し落としてください。衣装は濡れても大丈夫ですから気になさらないでください。通常、バリ人の儀式ではたくさん聖水をかけられますから、雨に打たれたようにビショビショになる場合があります。


                               ▲ページトップに戻る
宮殿ヒンズー挙式でのディナー料理は、辛くないですか?

インドネシア料理ですが、観光客用の味付けにアレンジしていますから辛さは気にならないでしょう。ヒンズー儀式ですから牛肉料理は出てきません。豚・鳥・魚が中心です。美味しいですよ。逆に、辛いの大好き!という方には、スパイスのきいた味付けでご準備いたします。リクエストしてください。


                               ▲ページトップに戻る
西洋式ウェディングの後、ゲストと一緒にアットホームなパーティーできますか?

挙式後のミニパーティーや、ディナーでのロマンティックなパーティーなど、ご要望に応じてセッティングいたします。大切な記念日に相応しい、プライベートな雰囲気を重視したロケーションをおすすめします。ウェディングケーキも会場にご用意します。披露宴風のパーティーもいいですね。


                               ▲ページトップに戻る
バリ島滞在中にマリンスポーツを楽しみたいけど、挙式前はやはり控えるべき?

禁止はしませんが、肌コンディションを考えると一般的に挙式前は避けたほうが無難です。どうしても海を楽しみたい場合は、日焼け対策を万全に。しかし、南国の挙式ですから「日焼けした花嫁さん」も素敵です。肌がヒリヒリとトラブルを起こさない程度にしてくださいね。


                               ▲ページトップに戻る
日本から持ってきたドレス、挙式後の衣装ケアはどうすればいいですか?

ホテルで着替えたら、風通しの良い場所に吊るしておくといいですね。そのまま持ち帰り、ご自宅でお手入れでも十分ですが、フラワーシャワーの滲みや汗が気になる場合は、帰国までにドライクリーニング(料金=問い合わせ)を行ってください。クリーニングの所要日数は最低5日間必要です。送料別でEMS国際郵便で後日お送りすること可能です。ご相談ください。


                               ▲ページトップに戻る